チャイアーキ一級建築士事務所 建築家 安井裕之 
Text Size :  A A A
|  最新情報  |  日記  |  個人ギャラリー  |  掲示板  |  自己紹介  |  chay a.a.a??  |  リンク  |

●かっつんの根っこ通信007 : 出会い・別れ

人は誰しもが 人生の中で様々な出会いや
つながりをもちながら 生きていますよね。

大人だって、子どもだって・・・。
家族や親戚、友人、職場や地域の人など
様々な関係の中で、助け合い、支え合いながら、
時には意見や想いが かみ合わず けんかもして、
明日に向かって生きていることと思います。

自分一人で生きている訳ではないですよね。
そして いつか別れも経験します。
運命というものがあるとするならば、
全てのことは偶然ではなく、
必然なのかもしれません。

Img_e1ae12debe5b71fd8faaff049356a41f

【子ども(親)は担任を選べない】

が、ぼくの原点です。

子どもたちは只今、純粋に一瞬の今を生き、
家庭環境も様々にある中、懸命に生活しています。
そんな姿を尊敬しています。

どの子も自らが選んで入所希望を出した訳ではありません。
だからこそ、一人ひとりの笑顔や瞳の輝き、
抱いている想い、葛藤、弱さや寂しさ・・・など、
共感しながら毎日を過ごしていきたいと思います。


6月3日。
M君が退園しました。

保育最終日、年中クラス15名全員と年長さんで
マイクロバスに乗り、田植えに行きました。

いざ田植えが始まると、
Mの関心は小川の生き物。
石ころをひっくり返し、
沢ガニを捕まえて喜んでいました。

そしていつも通りに昼ご飯を食べ、
お昼寝し、おやつを食べました。

水遊びの子の水が服にかかってしまい、
最後の最後まで怒っていましたが・・・。
稲刈りしたらお米を送りたいです。

Img_1c1af1ff8ece63a53d55be5257168cbf

子どもたちは出会いや別れについて
心の中でどんな風に感じているのでしょうね?

Uちゃん、Kちゃんと別れを経験してきた年中クラスですが、
時々話題になります。
絵に登場してくることもあります。

Kちゃん、T君が今年度から入所し、
新たなつながりも生まれました。
出会いと別れを大切にしていきたいですね。

M、お兄ちゃん、お母さんとも永遠の別れとは思っていません。
きっとまた会えるでしょう。
一緒に遊べるでしょう。

広島で元気に生活しているようですよ。




(根っこ No.14 2011年6月21日号 より抜粋。)
執筆者、挿絵 : かっつん / 保育士

※保育園、執筆者の了解を得て掲載しています。※
※文章は原文のまま、絵のレイアウトは、安井裕之が行っています※